one | list | cloud
エコキャップ回収運動について
平成22年1月16日から始めた社内での"エコキャップ回収運動"
開始して約2年9ヶ月経過しました。

徐々に運動が浸透し、今では、社内だけでなく各家庭からもキャップが集まるようになり、
これまで地元の伊万里市社会福祉協議会に7,499個のキャップを贈ることができました。

そして 今回初めて、リサイクル業者を通じて”NPO法人エコキャップ推進協会”に2,150個を送り受領が認められました。
この売却金によるワクチンは、2.5分人に相当し、一方キャップをゴミとして焼却すれば15.8kgのCO2が発生することになります。


微力ではありますが、九州内田鍛工は、これからも『エコ活動』、『社会貢献』の一つとして回収活動を続けます。   

ecocap.jpg

<<平成25年度 第55回 佐賀県溶接技術競技会(半自動溶接の部) 優秀賞受賞 | H24年度 ボランティアまつりに参加<10月8日(月)> >>