Next Page ≫
沿 革
1877年(M10) 6月、内田銀次郎、三重県四日市市浜一色1434において鍛造品製造工場を設立、事業を開始。
1949年(S24) 6月、内田紋次郎が事業を継承し、新工場を建設。
1952年(S27) 12月、鍛造ワイヤーグリップの試作ならびに企業化に成功。
設備の拡充および企業の合理化を目的として法人組織にする。(社長、内田紋次郎。資本金50万円)
1955年(S30) 1月、各種送配電用架線金物の開発に着手。これを製品化し、全国の電力会社に納入する。
1965年(S40) 3月、四日市市広永町(工業団地)に工場新設。広永工場として発足。
1966年(S41) 11月、中小企業庁より全国優良受診企業として表彰を受ける。
アルミ合金鋳造工場を新設しアルミクランプの研究、それに伴う試験分析室の新設を行い、企業化に成功。
1969年(S44) 5月、本社を四日市市広永町(現在、黄金町)に移転。
1973年(S48) 10月、北海道夕張郡栗山町に工場を建設。北海道工場として操業開始。
1975年(S50) 11月、北海道工場を独立させ、北海道内田鍛工株式会社を設立。
1977年(S52) 6月、創業100周年を迎える。
9月、三貴(株)を設立。
10月、四日市工場が溶融亜鉛めっき日本工業規格表示許可を取得。(許可番号477053)
1979年(S54) 7月、北海道内田鍛工が溶融亜鉛めっき日本工業規格表示許可を取得。(許可番号179011)
1983年(S58) 6月、TQC導入。
1984年(S59) 12月、引込鋼管柱(システムポール)が全関東電気工事協会優良機材推奨品の認定を受ける。
1987年(S62) 3月、九州伊万里工場操業開始。
1988年(S63) 5月、九州伊万里工場が溶融亜鉛めっき日本工業規格表示許可を取得。(許可番号888006)
1989年(H1) 5月、九州伊万里工場に、地域特性に合った事業推進のため、鉄鋼工場増設。
1990年(H2) 4月、中部電力(株)との共同研究により架線金物の着色防錆処理技術の実用化に成功。
1992年(H4) 11月、内田鍛工(株)より独立、資本金5,000万円の九州内田鍛工(株)を設立。
1996年(H8) 11月、建設業許可を取得。(佐賀県知事許可第8778号)
1997年(H9) 1月、LANシステムを導入し、ネットワークの有効利用を図る。
1999年(H11) 5月、フレームリレー網導入により、グループ各事業所間の情報通信網の高度化を図る。
2001年(H13) 4月、電気興業(株)より鉄塔製造工場として認定証を受ける。
2002年(H14) 12月、国土交通省より鋼構造物製作M級工場認定(TFB M-02 0896)
2003年(H15) 10月、小物用自動めっきラインを増設。
11月、フレームリレー網に換わり広域LAN回線を導入し、情報通信環境の改善を行う。
●次ページ【アクセス/お問い合せ】を見る
▲Page Topへ Next Page ≫
UTKの仕事 製品の紹介 会社概要 UTKグループ リクルート TOP
copyright(c)2012 九州内田鍛工株式会社