Next Page ≫
会社概要
社 名 九州内田鍛工株式会社
創 立 昭和62年3月3日
資本金 50,000千円
代表者 代表取締役社長 内田洋一郎
社員数 96名(平成26年5月時点)
所在地 佐賀県伊万里市黒川町黒塩字分崎2098-1 〒848-0146
営業内容 電力資材、鋼構造物、太陽電池架台、溶融亜鉛めっき加工、現地施工
主な納入先:
(順不同、敬称略)
九州電力(株)、(株)九電工、電気興業(株)、(株)三栄商会、(株)カナエ、(株)マキテック、西日本電気鉄工(株)、西部電気工業(株)、(株)名村造船所、エフエムレーリング(株)、京セラコミュニケー ションシステム(株)、(株)佐電工、日鉄住金関西工業(株)、(株)ミゾタ、(株)実松製作所、(株)深江工作所、新菱冷熱工業(株)、オーク設備工業(株)、新日本空調(株)、高砂熱学工業(株)、空研工業(株)、三球電機(株)、(株)日本電子、エムシー産業(株)、コスモシステム(株)、ニチハツ工業(株)、(株)京セラソーラーコーポレーション、西日本発電機(株)、その他
保有する許認可項目
日本工業規格適合性認証 (財)建材試験センター
(溶融亜鉛めっき JIS H8641)
建設業許可 土木・とび土工・鋼構造物(佐賀県知事)
鋼構造物製作M級工場(Mグレード)(国土交通大臣)
設備機器
・NCビームワーカー(3台)
・バンドソー(2台)
・アイアンワーカー(1台)
・溶接機(18台)
・プレス(200t、110t、100t、80t)
・プラズマ切断機(最大加工寸法/1525mm×3050mm、板厚/1.2mm〜25mm)
・フランジロボット溶接 システム AII−V6L(ダイヘン製)
・3軸ドリルマシン 3DH−1000(アマダ製)
・溶融亜鉛釜(大釜) 寸法/W:1200×H:1800×L:8000
・溶融亜鉛釜(自動ライン小釜) 寸法/W: 600×H:1200×L:4300
資格取得者
・建築鉄骨製品検査技術者(6名)
・建築鉄骨超音波検査技術者(1名)
・鉄骨製作管理技術者1級(4名)
・JISZ3801アーク溶接(8名)
・JISZ3821ステンレス溶接(4名)
・JISZ3841半自動溶接(11名)
・溶接管理技術者 WES1級(2名)
・溶接管理技術者 WES2級(5名)
・1級めっき技能士(3名)
・2級めっき技能士(1名)
・1級鉄工(構造物鉄工)技能士(3名)
・2級機械保全技能士(1名)
・非破壊検査技術者
 磁粉探傷試験レベル2(2名)
 浸透探傷試験レベル2(2名)
 超音波探傷試験レベル2(4名)
 超音波探傷試験レベル1(1名)
・第1種あと施工アンカー施工士(2名)
・第2種あと施工アンカー施工士(5名)
・2級建築施工管理技士(1名)
・1級土木施工管理技士(3名)
・2級土木施工管理技士(1名)
・1級管工事施工管理技士(1名)
・2級管工事施工管理技士(1名)
・防錆管理士(2名)
・公害防止管理者
 振動関係(2名)
 水質関係第2種(4名)
 騒音関係(1名)
 騒音・振動関係(1名)
・溶融亜鉛めっき高力ボルト接合施工技術者(3名)
・溶融亜鉛めっき高力ボルト接合施工技能者(5名)
・建築高力ボルト接合管理技術者(2名)
・危険物取扱乙種(9名)
・危険物取扱丙種(4名)
●次ページ【沿革】を見る
▲Page Topへ Next Page ≫
UTKの仕事 製品の紹介 会社概要 UTKグループ リクルート TOP
copyright(c)2012 九州内田鍛工株式会社